あがり症をマインドフルネスで改善する方法とコツ

あがり症に悩む人は、プレゼンテーションやスピーチなど、自分の思いを伝える必要がある場面で、あがり症の症状が強く現れることがあります。何度も練習した内容でも、実際に発表するとなると思うように話せず、声が震えたり、手が震えたりしてしまいます。このような症状に悩む人は、マインドフルネスを取り入れることで、症状の緩和や改善が期待できます。

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは、自分が今、自分が感じていることに注意を向けることで、心を静め、自分を落ち着かせる練習です。この練習をすることで、自分の緊張や不安をコントロールする力がつきます。マインドフルネスは、瞑想などで行うことができますが、短時間でも効果があります。例えば、プレゼンテーションの前に、深呼吸をしながら、自分が今、どんな感情を抱いているのかを意識することで、緊張を和らげることができます。

また、マインドフルネスは、自分の感情に対して素直に向き合うことができるようになります。あがり症に悩む人は、自分が緊張していることを認めることができないことがあります。しかし、マインドフルネスを練習することで、自分の感情を受け入れることができるようになります。その結果、自分自身と対話し、自分の緊張をコントロールすることができるようになります。

また、あがり症に悩む人は、プレゼンテーションやスピーチで自信を失ってしまうことがありますが、マインドフルネスを練習することで、自分自身を客観的に見ることができるようになります。自分が緊張することは、人間として自然なことだということを理解することができます。その結果、自分自身を受け入れることができ、緊張を和らげることができます。

>>>あがり症を自力で治す方法。
病院に行かなくても、薬に頼らなくても、1日15分のトレーニングで改善が可能です。