あがり症でもできる仕事

あがり症の人にとっては、コミュニケーションが必要な仕事は避けたくなるものです。あがり症に向いている仕事は、社交性を求められない、または社交性が求められても比較的リラックスして取り組めるものが挙げられます。今回は、あがり症に向いている仕事について紹介します。

あがり症でもできる仕事7選

  • プログラマー

プログラミングは、基本的に個人作業が中心であり、人前で発表することは少ないため、あがり症の人に向いていると言えます。また、論理的思考力や忍耐力が求められるため、あがり症の人にとっては、一定のストレス解消にもなるでしょう。

  • データ入力業務

データ入力は、単調な作業が多く、自分のペースで作業を進めることができるため、あがり症の人にとっては負担が少ない仕事です。また、パソコン操作が主なため、社交性が求められない点も魅力的です。

  • インターネットショップの運営

インターネットショップの運営は、基本的にオンラインでの取引が中心です。自宅やカフェなど、自分が居心地の良い場所から仕事をすることができ、あがり症の人にとっては心地よい環境で仕事をすることができます。

  • ライター

ライターは、文章を書く仕事であり、基本的に自分のペースで仕事を進めることができます。また、インターネットを通じて依頼を受ける場合が多いため、社交性が求められないという点も魅力的です。

  • 編集者

編集者は、主に原稿の校正や修正を行う仕事です。自分自身が文章を書かなくても良く、チームで作業を進めることが多いため、あがり症の人にとってはストレスを感じることが少ないでしょう。

  • 図書館員

静かで落ち着いた環境で働き、一人で作業ができるため、社交性が求められない職種と言えます。

  • 研究職

研究を行うためには、静かで落ち着いた環境が必要であり、一人で作業ができるため、あがり症の人に向いています。

まとめ

以上、あがり症に向いていると考えられる仕事を7つ挙げてみました。ただし、あがり症の人でも、社交性が求められる仕事に挑戦することで、徐々に克服していくこともできます。仕事選びにおいては、自分自身の性格や能力を考慮し、適切な仕事を選ぶことが大切です。

>>>あがり症を自力で治す方法。
病院に行かなくても、薬に頼らなくても、1日15分のトレーニングで改善が可能です。