あがり症の原因は予期不安

予期不安とは

人前に出る場面で、必要以上に人目が気になり、まだ何も起きていないのに、失敗したらどうしよう、恥をかいたらどうしようという予期不安が起きます。それがあがり症の主な原因です。パニック障害も同じようなしくみで起きるそうです。過去に人前で失敗したり辛い思いをした経験があって、また同じことが起きるのではないか、もっと酷いことになるのではないかと不安が収まらない状態になります。

あがり症の症状

  • 赤面する
  • 心臓がバクバクする
  • 汗が止まらない
  • 脇汗だけでなく手汗もひどい
  • 全身がガクガクする
  • 手や足の震え
  • 声の震え・掠れ
  • 泣きそうな声になる
  • 喉や口が乾いてカラカラになる
  • 頭の中が真っ白になる
  • 記憶が飛ぶ
  • 息が苦しくなる
  • 言葉が出てこなくなる
  • 滑舌が悪くなりうまく話せない
  • しどろもどろになる
  • 緊張してガチガチになる

あがり症には様々な症状があります。あがり症の方には、身に覚えがあるのではないでしょうか。人によっても違いますが、共通していることは、予期不安からくる恐怖心のために、交感神経が活発になって、アドレナリンの分泌が多くなり、体に症状が出てしまうということです。不安感をコントロールできれば、あがり症を克服することができます。

人前に出る場面で失敗を過度に恐れるのは、人によく思われたいという気持ちが隠れている場合があります。だからこそ、うまくできない自分を卑下したりしがちです。自己肯定感を持てるようになりましょう。

>>>あがり症を自力で治す方法。
病院に行かなくても、薬に頼らなくても、1日15分のトレーニングで改善が可能です。