リフレーミングであがり症を克服しよう!

あがり症の人が、緊張して自分の思い通りに話すことができなくなってしまうと、自分自身を否定的に評価することが多くなります。例えば、自分が何かをうまく説明できなかったときに、「自分はダメだ」「何もできない」と自分自身を責めてしまうことがあるかもしれません。

しかし、こうした否定的な評価をすることは、あがり症を悪化させる要因の一つとなる可能性があります。そこで、あがり症を克服するためには、自分自身を肯定的に評価する「リフレーミング」という技法が有効であるとされています。

リフレーミングとは

リフレーミングとは、あがり症を引き起こすネガティブな思考をポジティブなものに変換することを意味します。例えば、面接で緊張して自分の言葉が詰まってしまった場合、「私は何も話せなかった」と自分自身を責めてしまうかもしれません。しかし、その状況をポジティブに捉えることもできます。「緊張したが、最後まで話し切ったことができた」と、自分自身を肯定的に評価することができるのです。

リフレーミングをすることで、自分自身を否定的に評価することをやめ、自信を持って話すことができるようになります。具体的な方法としては、次のようなことが挙げられます。

まず、自分自身を責めるのではなく、状況や周りの人たちを客観的に捉えるように心がけましょう。そして、緊張して言葉が詰まってしまった場合でも、自分自身を肯定的に評価するように意識してみましょう。また、リラックスするための呼吸法や筋肉の緩和法を身につけることも、あがり症を克服するためには大切です。

>>>あがり症を自力で治す方法。
病院に行かなくても、薬に頼らなくても、1日15分のトレーニングで改善が可能です。