電話で緊張する心理とは?解決方法と克服法を徹底解説!

電話で話をすることが苦手で、緊張してしまう人は多いでしょう。電話での緊張は、面接やプレゼンテーションなどの場面で緊張することと同様に、ストレスを感じ、思うように発言できないことがあります。この記事では、電話で緊張する心理や、その解決方法、克服法について詳しく解説します。

電話で緊張する心理とは?

電話で緊張する心理は、人によって異なりますが、以下のような要因が考えられます。

  • 非対面のコミュニケーションに対する不安

電話は、対面で行われるコミュニケーションとは異なり、相手の表情や身体言語が見えないため、非対面のコミュニケーションに対する不安が生じます。このような不安は、緊張感を高め、思考力や発言力を低下させる可能性があります。

  • 相手の反応が分からない不安

電話では相手の反応を見ることができないため、相手がどう反応しているかが分からず、不安を感じることがあります。このような不安が生じると、話す内容に自信を持てず、思考力や発言力が低下する可能性があります。

  • 音声のみのコミュニケーションによる不安

電話では、相手とのコミュニケーションが音声のみで行われるため、言葉だけで相手を説得しなければならず、そのプレッシャーにより緊張することがあります。

ストレスを減らすためにできること

ここでは、電話での緊張を減らすためにできることについて紹介します。

  • 事前に準備をする

電話をかける前に、自分の目的や話したい内容を明確にしておくことが大切です。また、必要な資料やメモを用意しておくことで、話がスムーズに進むための準備が整います。準備ができていると、自信を持って電話をかけることができます。

  • 練習する

電話で話すことに慣れるために、友人や家族と練習することもおすすめです。また、自分自身で声を録音することで、自分の発言や声のトーンを確認することができます。慣れるまで、繰り返し練習することで、緊張を軽減することができます。

  • リラックスする

電話をかける前に、リラックスすることも大切です。深呼吸や瞑想、ストレッチなど、自分に合ったリラックス方法を見つけておくことが重要です。リラックスすることで、自分の気持ちを落ち着かせることができ、緊張を緩和することができます。

  • ポジティブな自己暗示をする

電話で話す前に、自分自身にポジティブな自己暗示を送ることも効果的です。「私は自信を持って話すことができる」「電話は私にとって簡単なものだ」といった言葉を自分自身に繰り返すことで、自信を持って電話をかけることができます。

  • 目的を明確にする

電話での緊張を減らすために、目的を明確にすることも大切です。何のために電話をかけるのか、何を話したいのか、その目的を明確にすることで、緊張が軽減されるだけでなく、効果的なコミュニケーションができるようになります。

まとめ

あがり症で悩む方だけでなく、電話での緊張は誰にでも起こるものですが、上記の方法を実践することで、緊張を軽減することができます

>>>あがり症を自力で治す方法。
病院に行かなくても、薬に頼らなくても、1日15分のトレーニングで改善が可能です。